Essay 32
春枝のワーキング・ホリデイ奮戦記

2013年3月4日
春枝の決断

宇宙がどうこうという難しい話が続いてしまった。このあたりで閉話休題(?)。もっとやわらかいテーマでエッセイを書いておきたい。国外脱出に興味がある若者がよく利用する、ワーキング・ホリデイの話だ。ワーキング・ホリデイでオーストラリアに滞在する、日本人の若者は多い。私たちがまだパースに住んでいたときに、そんな日本人が私たちの家にホーム・ステイした。

* * * * * * * *

この話の主人公は、埼玉県出身の27歳の春枝。会社勤めをしていたが、会社では先が見えてしまった。結婚する前に、何かやり残したことがあるような気がした。人生の転換点で、彼女は国外脱出を決行することにした。今までの人生とは質的に異なる経験をすることに、大きな意味を見いだしたのだ。
ところが、 春枝がそれまでに海外に出た経験は、たった一回しかなかった。社員旅行でグアム島へ行っただけだった。英会話の能力は、簡単な単語がいくつか口から出るくらい。

私のウエッブ・サイトを見て私に接触してきた。何回かメールのやり取りをしてから、我が家にホーム・ステイをすることになった。

春枝がやって来たのは、オーストラリアでは晩春の11月のことだった。最初は、郊外にある私の家の周囲を歩くのも、おっかなびっくりだった。オーストラリア人に声をかけられるのが、怖かったのだ。

* * * * * * * *

けれども女性は強い。特に、日本人の女性は強い。 オーストラリアへ着いてから、1ヵ月後に、「ひとりでオーストラリア一周の旅に出かけます」、と言いはじめた。

日本から持ってきた所持金はXX円(はっきり言って少ない)。日本にいる両親はとても心配した。日本人である私の家にホーム・ステイするだけだ、と思っていたからだ。両親は、春枝がオーストラリア一周の旅に出ないようにと、何度も電話をかけてきた。

私と妻も、「春枝さん、それは無謀ですよ」、と春枝に何度も言った。春枝の気持ちをひるがえさせるために、オーストラリアの危険な状況について、具体的な例をあげながら説明した(エッセイ24「日本人女性専門のラブ・ハンターたち」)。けれども、親でもない私に、彼女を強引に引き止めることはできない。鎖で柱にしばりつけたならば、犯罪行為で、私は刑務所行きになってしまう。私のほうが鎖にしばられてしまう。そんなことはできない。

巨大リュックを背負った旅
写真:立ち上がることもままならないほどの巨大リュックを背負った春枝
big bag

私も妻も、春枝が、我が家へ無事に戻って来ることだけを祈りながら、彼女を家から送り出した。巨大なリュックを背負って旅に出る春枝。たくましく見えたが、ひ弱にも見えた。

車で近くのJ駅まで送っていった。巨大なリュック+寝袋+貴重品バッグを車から出して、「ヤッコラサ」とかつぎ上げる春枝。勿論私が手助けをしたが、手助けなしでは立ち上がるのも容易ではなかった。

こんな極限状況下で私が言えたこと。
「春枝さん、リュックが重すぎて、とても旅行ができそうになかったら、大陸横断鉄道のインディアン・パシフィックに乗る前に、家に戻ってきていいからね」

春枝の答。
「分かりました。 とても旅行できそうになかったら、すぐに帰ってきます。帰るのは、今日かもしれないし、明日かもしれません。1週間後に戻るかもしれません

春枝にも、100%の自信はなかったのだ。

* * * * * * * *

ところが、 なんとなんと、春枝が私たちの家に戻ってきたのは、それから7ヵ月もあとのことだった。ちゃんと生きて帰ってきたではないか!日焼けした春枝は、まるで別人のようにとてもたくましくなっていた。 それでも、チャーミングなスマイルは出発時と同じだった。

私は、今までに、世界中で仕事をしてきた。けれども、春枝のように、過酷な状況下で生活をしたことはない。春枝のワーキング・ホリデイ。この記録は後世に残す価値がある(!)。

図:7ヶ月かけて春枝がたどったルート
route
* * * * * * * *

まず、彼女の足跡をざっとたどることにする。起点になった西海岸の街パースから、インディアン・パシフィックで東へ行った。アデレードを経由して、東部の州をまわった。最初はメルボルンとタスマニア。そして東海岸を北へ向かい、シドニー、ブリスベーン、ケアンズへ。次に、オーストラリアの中央部に入り、エアーズ・ロックを訪れた。そこから北の海岸に出るために、キャサリンを経由してダーウィンへ。次に海岸沿いに西へ向かった。西オーストラリア州の旅だ。エクス・マウスからは南へ下って、コラル・ベイ、モンキー・マイアを旅した。やがて出発地のパース...というわけだ。

旅のルートはこんなに簡単に数行で書けるが、春枝は、一言では言えない苦労をしたのだ。

快適だったアデレードでの生活

J駅で見送った私と別かれてから、市内電車を使って、インディアン・パシフィックが出る、パース東駅へ向かった。駅前で、オーストラリア一周2万キロのバス周遊券を購入した。値段は1600ドルだった。この周遊券を使って、7ヵ月間のバス旅行をすることになった。アデレードまでのインディアン・パシフィックはコーチに乗り、この電車の乗車券の値段は、3000キロで26ドルだった。

まずパース東駅で、英会話が余りできない春枝が、苦労をしながら知ったことがある。 バスの予約は、自分でやったほうがいいのだ。ツアー会社に頼むと、余分な路線まで予約してしまう。 オーストラリアの休日には、宿もバスも満員になるので、早目の予約が必要になる。春枝の英会話は、生活の実践の場で否応もなく上達しはじめた。

* * * * * * * *

我が家を出発したのは12月12日だった。かなり暑くなっていた。2泊3日の電車の旅でアデレードに到着した。

日本でも有名になったオーストラリア・ワイン。そのワインで一番有名なところが、アデレードの近くにあるバロッサ・バレーだ。昔ドイツ人が入植して、ワインを作るようになった。酒大好きの春枝は、ここでおいしいワインをたくさん試飲した(これは私の想像!)。

クリスマスはアデレードで過ごした。花火大会や音楽会があちらこちらで開催され、とても素敵なクリスマスになった。勿論、教会へも行った。日頃の行ないのざんげをちゃんとやってきた(これも私の想像!)。

バックパッカー・ホテルの現実

アデレードのバックパッカー・ホテルは、きれいでよかった。「これなら快適な旅行ができそうだわ」、と春枝は思った。けれども、その認識は甘かったのだ。 最初に泊まったアデレードのシティー・バックパッカー・ホテルが、最高。その後泊まったどのバックパッカー・ホテルも、アデレードよりも汚かった。 雨水がもる古いキャンピング・カー。そんなホテルもあった。

バックパッカー・ホテルの料金は、1泊12~15ドルだった。ただし、シーズン中は18~19ドルになる。2~12人部屋があるが、 4~6人部屋が普通だ。男女同室のこともある。シーツ代や毛布代を取られるので、安くあげるには、シーツか寝袋を持参したほうがいい。自分のシーツと寝袋が必要なもうひとつの理由は、「ベッドに住んでいる南京虫に刺されないようにするため」、と春枝は真顔で言った。 こんなことは、経験者でなければ分からない。

朝食を出すバックパッカー・ホテルは、ほとんどない。けれども、コーヒーや紅茶は自由に飲めるので、ついでにティー・バッグをいくつか失敬してしまば、飲み物代の節約になる。マクドナルドに入ったならば、忘れずに、塩、こしょう、砂糖を失敬したほうがいい。

ユース・ホステルはバックパッカー・ホテルよりもきれいだ。けれども宿泊料金が高い上に、無料のコーヒー、紅茶がない。朝食も出ない。

* * * * * * * *

バックパッカー・ホテルにロッカーはないので、盗難には特に注意が必要だ。春枝は、自転車のチェーンと鍵を買って、リュックをベッドの脚へしばりつけてから外出した。リュックの口にも鍵をかけた。そんなに注意をしていても盗難にあった。盗まれたのは寝袋のバッグ(??)と40ドルだった。 これくらいの被害ですんだのは、とても運が良かったといえる。

彼女はさらに幸運だった。コラル・ベイで、現金やクレジット・カードの入ったサイフを、岩の上に置き忘れたまま遠くへ行ってしまった。気がついて戻る途中で、「もうサイフはないだろう」とあきらめていた。岩の上にはやはり何もなかった。しかし、念のために近くの郵便局へ行った。そして、誰かがそこへサイフを届けたのを知った。中味はひとつも盗まれていなかった。郵便局員は、「あなたは、とってもとってもラッキーだ」、と言った。そのとおり。 オーストラリアで、こういうように自分のサイフが戻ることは、ほとんど奇蹟であることを、憶えておこう。

* * * * * * * *

私にはこんな経験があった。小学6年生の下の息子とふたりで、ゲーム・センターへ行っことがある。そこで、1台のゲーム機の上に、誰かが忘れていったサイフがあるのを、息子が見つけた。
これはとてもいい教育の機会だ。私はそのサイフを息子に持たせ、レジの女性に渡させた。日本人は、こういう場合には、落ちていたサイフを自分のポケットには入れない、ということを教えたかったのだ。

レジの若い女性は、とても驚いたような顔をして、「オーケー」と言っただけだった。誰かが、こんなかたちでレジにサイフを持ってくることは、あり得ないからだ。この女性は、「ラッキー」と心の中で叫びながら、このサイフを自分のものにしてしまった可能性がある(そのとき、店には他に誰もいなかった)。それはそれで彼女のビジネスだ。私は、日本人が誇ることのできる日本人のモラルを、息子に具体的に教えることができたので、とても幸せだった。

* * * * * * * *

さて、春枝は、そのあと、オパール堀りで有名なクーバー・ペデイーへ行った。そこのバックパッカー・ホテルは、オパールを掘りだしたあとの穴の中にある。春枝はそこでオパールの原石を見つけた(ホテルの部屋の壁を削ったのかな?)。

そしてメルボルンだ。パースから来た春枝には、メルボルンがとても大きな街に見えた。街が広いので、トラムを使ってあちらこちらをまわった。カジノがとてもきれいだった。もっとも、このカジノは大赤字で青息、吐息だったのだ。倒産する、しないという議論がされていた。そんなことを知らない春枝は、「きれい」といういい印象を持っただけだった。大晦日にはヤラ川で花火を見た。

バックパッカーの仕事

メルボルンの近くの町のシェパートンには、ピッキング(果物や野菜つみ)の仕事が多い。 ピッキングは、ワーキング・ホリデイの人たちが、オーストラリアの田舎をまわるときに、大事な収入源になる。春枝もシェパートンで仕事をした。けれども、シェパートンに安宿はなく、宿泊料金が高くなってしまい、結局もうけはそんなに大きくはならなかった。

* * * * * * * *

ワーキング・ホリデイの人たちの仕事について、書いておこう。まず、 仕事を始める前に税務署へ行って、Tax File Numberをもらってくる。

日本人にある主な仕事は、ピッキング、日本料理店、観光ガイド、観光バスの運転、ダイビング・インストラクターなどだ。 英語ができない人には、バックパッカー・ホテルが宿泊客をまとめて連れていく、ピッキングくらいしか仕事はない。 ただし、この仕事はからだの弱い人には無理だ。

バックパッカー・ホテルは、日本の景気が良かった頃に、毎朝路上で浮浪者を狩り集めては、工事現場へ連れていった、手配師のようなことをやっている。 ホテルは、ミニ・バスで農場へ連れていく宿泊客から、ひとり週40ドルくらい、余分に宿泊料金を取るのだ。

ピッキングの仕事は、オーストラリアでは秋に多くなる。5月頃から農場は多忙になる。オーストラリアで野菜を栽培して、日本へ送っていた日本人の話では、北のほうの夏は暑すぎて、野菜はできないそうだ。

* * * * * * * *

ピッキングの支払いは時間給で、ズキニ、小さく黄色いカボチャのようなスコッシュ、ナス、サツマイモが、9~10ドルだ。

トマトのピッキングを、春枝はふたつの農場でやった。そのうちのひとつの農場では、バケツ一杯につんで11ドルだった。重いバケツを自分で運ばなければならない、この農場の仕事はつらくて泣いてしまった。もうひとつの農場にはベルト・コンベアがあり、トマトをバケツに入れる必要はなく楽だった。こちらは時給9ドルだった。

一番よかったのは、ジャガイモのピッキングだった。ワーキング・ホリデイの人たちが横に並び、皆で拾ったジャガイモを洗い、そして箱につめた。仕事にリズムがあり、他の日本人とおしゃべりができた。これは時給10ドルだった。

仕事は、普通は日曜は休みだが、最盛期には1週間ぶっ続けのことがあった。

* * * * * * * *

バックパッカー・ホテルの宿泊料金は、農場からの支払いに対するホテルのピンハネ分を加えて、1日17~23ドル(+毛布、シーツ代)なので、2~3時間分の賃金は、宿代に消えてしまうことになる。仕事があるのは、滞在期間中の半分と仮定をすると、1日分の賃金のうち、約5時間分が宿泊費として消えてしまうことになる。 このような生活は間違いなく大変だ。

昼食は自前だ。ピッキングをすると、ピッキングした野菜を食べることができる。野菜を買わなくても済むので、食費の節約になる。けれども、 「パンの間に生の野菜をはさんで食べていました」とか、「生のニンジンはとてもおいしかった」などという感想を聞くと、生活費を最低限に切りつめながら、あちらこちらを旅してまわる、ワーキング・ホリデイの人たちの苦労がしのばれる。春枝は、7カ月で6キロもやせて戻ってきた。 生ぬるい日本の生活からは想像できない、貴重な体験を春枝はしたのだ。

* * * * * * * *

ワーキング・ホリデイの人たちは、最初は自分で仕事を選べず、手配師バックパッカー・ホテルの言いなりになる。仕事に慣れたならば、自分のやりたい仕事の希望を、ホテルに言えるようになる。手配師が間に入るのをいやがって、履歴書をたずさえ、自分であちらこちらをまわって、仕事を見つけてしまうひともいるそうだ。

農場主は、言葉が通じないこともあって、最初はとても冷たく見える。けれども、「これは冷たいのではなく、何も気にしていないだけのことなのです」、と春枝は説明した。農場主と気があえば、農場にホーム・ステイすることができる。

東部海岸の旅

ふたたび春枝の足跡をたどろう。メルボルンの近くのベンディゴ。ここは、オーストラリアのゴールド・ラッシュが始まった町だ。オーストラリアでは、歴史的に古いほうの町だ。

春枝は、真夏の1月末から2月初めにかけて、タスマニア島へ渡った。「水も空もきれいで、オーストラリアの一部ではないみたい」、という春枝の感想があった。けれども、オーストラリアは、水はともかく、空気はどこでもきれいではなかったんでしたっけ?ラベンダ農場、ワイン・グラス・ベイ、リッチモンド・ブリッジ、ポート・アーサー(大虐殺!!)、クレイドル山、ザ・ナットなど、タスマニアには見所がいっぱいあった。

* * * * * * * *

シドニーの近くでは、ブルー・マウンテンのトロッコが、とても急な坂にあり、スリル満点で春枝にはおもしろかった。このトロッコには私たち家族も乗ったが、「ジェット・コースターに比べれば大したことがない」、というのが息子たちの感想だった。

ブルー・マウンテンから帰る日の朝に、シドニーへ戻る観光バスに乗り遅れてしまい、ひとりで寂しく電車で帰ることになった、というアクシデントが春枝にあった。 オーストラリアの観光業者は、日本人のように細かく気を使わないので、自分の面倒は自分でみるという覚悟が必要だ。

2月いっぱいをかけて、ブリスベーンの周辺からゴールド・コーストをまわった。サンゴ礁の海と島がきれいだった。フレーザー・アイランドへは、ワーキング・ホリデイの仲間たちといっしょに、レンタ・カーを借りて行き、島内をドライブして楽しんだ。

ブリスベーンから北へ300キロ。 海岸からそんなに遠くないところにある町ブンダバーグ。そこにはピッキングの仕事が多く、3月から5月まで滞在してしまった。

6月2日にケアンズに入った。酒好きの春枝(我が家で、何度も盛大なパーティーをやった)だ。ピッキングからの収入は、ほとんどが、安いカスク・ワインになって消えてしまった。日本から持ってきた金も少なくなってきた。さあどうする?春枝は、ちょっと不安になった。その後は、急げ、急げの旅になってしまったのだ。

中央部から西部海岸への旅

エアーズ・ロックでは、夕焼けに真っ赤に映える巨大な岩に感動した。けれども、冬なのに蚊がたくさんいて悩まされた。私たち家族がエアーズ・ロックを訪れたのは、秋だった。蚊はいなかった。訪れる季節が大事なようだ。

夜中にキャサリンに着いたときのことだった。真っ暗な原野の真ん中で、バスから降ろされてしまった。ホテルのミニ・バスが迎えに来るまで、不安な時間を過ごした。

「キャサリンの町の近くにある、キャサリン峡谷はすごかった」、と春枝は興奮気味に話した。

長い時間をかけて田舎をまわってきた春枝には、北の街ダーウインは大都会に見えた。このあたりには、原住民のアボリジニがたくさん住んでいる。春枝は、異質な生活空間という印象を持った。

* * * * * * * *

7月に入ってから、エクス・マウス、コラル・ベイ、モンキー・マイアと、西オーストラリア州の海岸をまわった。カメ、エイ、クジラ、マンタ、サメ、イルカなどのよく知られた動物は、期待通りに見ることのできたものがあった。けれども、期待がはずれたこともあった。モンキー・マイアの近くのシェル・ビーチは、春枝のおすすめの場所だ。

写真:この世の天国シェル・ビーチで浅瀬を漂う妻
paradise

ここは、以前に訪れた私たち家族もおすすめしたい。まるでこの世の天国のようなところだ。

シェル・ビーチでは、温かく浅い海が、貝殻の白い海岸に囲まれて、どこまでもどこまでも広がっている。空は、紺青色にあくまでも深い。海水の塩濃度が高いので、からだがとてもよく浮く。 妻もふたりの息子たちも、はるかかなたの水平線へ向かって、流れるように泳ぎつづけた。隠さずに書いてしまおう。妻は、魂が解放されすぎて、ついには素裸になってしまい、さらに波の間に間に漂ったのだ。

春枝は素裸にはならなかったようだ。彼女は、近くにある貝の家の美しさにも、ショックを受けた。

* * * * * * * *

モンキー・マイアへの定期バスは、エクス・マウスから3日に1便しか出ない。乗り遅れないようにしたい。それに、銀行は、エクス・マウスを出ると、カナーボンやジェラルトンまでないので注意が必要だ。「こんなところも、いかにも浮世離れしていてそれはそれなりにいい感じ」...なんて、実際に現金を切らしてしまったならば、言ってはいられない。 旅行には、クレジット・カードを持っていくことが必要だ。クレジット・カードはどこでも使える。

長期滞在女性への助言

そして、ついに7月13日にパースに帰りついた。我が家へ戻ってきた。駅まで迎えにいったときに、「パースは大都会です」と言って、春枝は感激していた。なにしろ、パースには交通渋滞まであるのだ。

妻が作った、味噌汁をはじめとするしばらくぶりの日本料理に、春枝は大感激だった。彼女は、一味一味かみしめるように食べた。そして、 涙をまじえながら、ここに書いたような旅行の思い出を、語ってくれたのである。やはり、泣きたいほどのとてもつらいこともあったのだ。

パースへ戻ってから日本へ帰国するまでの1週間は、おみやげを買うついでに、日本の会社が開発した、とても美しいヒラリス・ヨット・ハーバーや、日本人の好きそうな小さい店が並んでいる、スビアコ・ショッピング・センターをまわった。

* * * * * * * *

ここで、春枝のオーストラリア訪問の総括をしよう。春枝には、日本から余りにもたくさんの荷物を持ってきてしまった、という反省があった。東へ行くときに背おっていた、巨大なリュックのことはもう書いた。それにも増して、帰国時に、空港で荷物の重量超過のために、700ドルも払わされたときには、ただ重いという以上に、春枝は青ざめてしまった。当時、オフ・シーズンのときの日本/オーストラリア間の往復航空運賃が、900ドルだった。700ドルの意味は、春枝にとってはとても重かったのだ。

「女性の必需品を含めて、なんでもオーストラリアで買えるので、荷物はできる限り少なくしたほうがいい」 というのが、これからオーストラリアで長期滞在する女性への、春枝からの助言だ。
日本からカップ・ラーメンを持ってくる人がかなりいるが、カップ・ラーメンも、オーストラリアのスーパーで買うことができる...これは私からの助言だ。

* * * * * * * *

当然のことながら、 「女性には特に夜の行動が要注意です」というのも、春枝から女性への大事な助言だ。ひとりのときは、夜は決して外を出歩かないほうがいいそうだ。

それに、 ヒッチ・ハイクは、ひとりのときには絶対にしないこと。本当のことを言うと、女性はふたりでもあぶない。ふたり連れの日本人女性が、ヒッチ・ハイクの途中で消えてしまったことがある。 街から離れると、無人の広大な原野が広がるオーストラリア。そんなところでは、何があっても助けを呼ぶことはできない。原野で殺されでもすれば、死体は永遠に見つからなくなる。 世界一安全な国日本に比べれば、他国ではどこにでも危険があることを、常に念頭に置いておきたい。

もう一つ、事情がよく分かっていない皆さんへの、私からの注意がある。 オーストラリアでは、日本人には信じられないくらい、麻薬が社会のあちらこちらへ浸透している。特に大量に使われているのはマリファナだ。これはアメリカ以上の広がり方をしている。好奇心から始めて、常習にならないように気をつけたい。

ふたたび、春枝からの助言。
「旅は、はっきりした目的を持っていなければ、全てがただ意味もなく流れ、むだになってしまいます。 しっかりした心構えを持って、あちらこちらを旅すれば、見ず知らずのひとたちと感動を共有できます。これがたまらない旅の魅力です

春枝にとって、今回の旅は、大自然の中を歩きながらも、人間発見の旅だったようだ。

* * * * * * * *

日本へ戻った春枝から電話がかかってきた。第一声は、「和戸川さん、お寿司をたくさん食べましたよ」

ああ、日本人!

<和戸川 純>

Return to HP Return to Contents Go to Essay 33 Return to Essay 31
広告(Googleアドセンス)