夢と現実、要約3

以下の内容のエッセイと評論。人を人間にするために、教育は重要な役割を果たす。日本人女性を食い物にする、オーストラリア人男性がいる。不用心な日本人女性は、オオカミの格好のえじきになる。ところが、日本人女性のやさしさの裏には、意外なしたたかさがある。海外では自由奔放になる日本人群像。その他、旅行記など。

人間
世界の中の日本人
24. 日本人女性専門のラブ・ハンターたち
語学留学をする日本人女性を食い物にする、オーストラリア人男性がいる。かわいくて世界を知らない、不用心な日本人女性は、オオカミの格好のえじきになる。このラブ・ハンターの、日本人女性のハートをつかむ多彩なテクニックを紹介。ところが、日本人女性のやさしさの裏には、意外なしたたかさがある。オオカミを手玉に取る日本人女性がいる。女と男の国際的な戦い。

13. オーストラリアと日本の夫たち
謙遜が大事と心得ている日本人は、自分をさげすむような話し方をするので、外国人に誤解されやすい。自分の負の側面を話すことにちゅうちょしない素直さは、他の国の人たちとの付き合いにおいて、必ずしも美徳にはならない。個人の尊厳が最も大事なヨーロッパ系の人たちは、他人に対して身構える。そんな異質な民族的特性を持つ2人が結婚をすると、どうなるだろうか?

37. 海外人間模様

45. 世界が日本人に注目している
世界中で、各国を対象にした種々の世論調査が行われている。世界という鏡に日本が映っている。国別好感度調査の多くで、日本がトップクラスの評価を得ている。けれども、社会システムでは多くの問題が指摘されている。これらの調査結果をまとめ、評価を詳細に分析した。そこから、日本人が気づかない、日本のあるべき姿が見えてきた。

8. 世界は日本化する
世界の至るところで、多様な危機が発生している。小さな島国に住み続けた日本人。危機を避けながら、自分たちの観念に閉じこもってしまった。大局的に見れば、世界が、日本人の精神を必要としていることが分かる。世界は気づいているが、知らないのは日本人だけだ。穏やかな歴史に育まれた精神を、今こそ世界が必要としている。世界中の若者が、日本のポップカルチャーを好むのは当然だ。
追記: 日本人の精神を体現した大阪なおみ
挑戦者
42. 小保方晴子が愛するSTAP細胞
小保方によるSTAP細胞の発見を、世紀の大発見とメディアが騒ぎ立てた。それからわずか1カ月余りのことだった。小保方は、天国から地獄へ突き落とされた。今度は、メディアが世紀の研究不正と騒いだ。細胞の基礎研究を行ってきた筆者が、この問題に研究者として切り込んだ。問題の本質を解明。
追記1: 小保方検証実験のここが核心
追記2: 不可解な小保方告発

9. お絵かきの個人史、アニメ制作まで
デジタルで20年も絵を描いていれば、趣味とはいえ、それだけで自慢ができそうだ。そのおかげで、一こま漫画で国内外から賞をいくつも受賞した。デジタル漫画の延長線上で、ユーモアたっぷりのアニメを作っている。私のデジタル個人史が、ITの歴史に重なる。

教育
6. 人は教育によって人間になる
親から受け継いだ遺伝子は、知能の3割しか規定していない。残りの7割は、生後の学習によって獲得される。アインシュタインの子は普通人だった。知能よりも学習が大事だ。人間は教育次第で「人間」にも「動物」にもなる。教育の大きな可能性を知ることによって、人間教育の重要性を理解できるようになる。教育の本質を解明。

28. 天才を育てる楽しみ
筆者は、オーストラリアの大学で、評価が最低の学生の指導教員になった。最初の面接でこの学生のとてつもない能力に気づき、最も困難な研究課題を与えた。この学生の卒業論文に、最高の評価が与えられた。今では、ノーベル賞受賞者を何人も輩出させた、研究所の中心で働くトップの研究者になっている。私が与えたテーマの延長線上で、研究を継続。人種の壁を越えた出会いが、一人の天才を救うことになった。

43. 学生との対話:自分の限界を超える

56. 教育と医療の重大な欠陥
経済大国という共同幻想に浸っている間に、国の長期繁栄に貢献する教育と、国民の生のよりどころになる医療が、瓦解し始めた。国民所得が減少している。予算編成の問題点を隠し、債務で取りつくる官僚や政治家がいる。国民には、虚偽の情報を見破る目が必要になる。各国の統計資料から、日本が置かれた深刻な状況が、鮮明に浮かび上がる。
追記: 東大ランク急低下、異常長期入院実態

日本の旅
63. アメージング・ジャパン(ビデオ)
日本の四季は、美しい自然に彩られている。見どころは、四季折々の伝統的な祭りだけではない。独創的で美しい、新しいエンタテイメントを楽しむことができる。「阿波踊り」、「よさこい」、「京都苔寺」、「飛騨雪の大谷」、「デジタルアートミュージアム」、「アクアパーク品川」、「ロボットレストラン」、「アートアクアリウム」などを、ビデオで紹介。

3. 富士登山はエベレスト登山の半分
日本人ならば誰でも登っている富士山。私は気楽な気持ちで登山を決めた。ところが、途中の岩場で雷雲の中に入り、かみなりと激しい豪雨に見舞われた。山小屋では、缶詰のイワシのような状態で寝た。酸素不足で頭痛。富士山の高さは、エベレス山の半分あることを実感した。苦労したおかげで、すばらしいご来光を見た。

5. 日本の秋 Autumn Japan
秋は、1年のうちでも、自然が最も急速に変化するときだ。海抜10メートルのところにある我が家から、北陸を回る槍ヶ岳までの旅行で、多様な自然と人々の生活を、眼前に見ることができた。写真を多数載せて、この旅行の雰囲気を伝えている。
世界の旅
32. 春枝のワーキング・ホリデイ奮戦記
海外旅行は、社員旅行でグアムへしか行ったことがなかった春枝。英会話もままならなかった。そんな春枝が、オーストラリアの私の家にホームステイした。巨大なリュックを背負って、7ヶ月間のオーストラリア一周旅行へ出かけた。帰宅して、過酷なピッキングの仕事などの、とても貴重な体験を話してくれた。

29. ニューカレドニア駆け足珍道中
機中一泊を含めた、3泊4日のニューカレドニア駆け足旅行。エレベーターがガタゴトなる「高級ホテル」で、部屋の探索を含めて、今まで経験したことのない珍事に遭遇した。現地ツアーを個人的に手配し、おしゃべり好きな現地人ガイドから、彼のドラマチックな人生の全てを教えてもらうことになった。自然が美しかったが、人間は自然よりももっと興味深かった。

49. ハワイ楽園4島巡りクルーズ
オアフなどハワイの主要な4島を巡る、8泊豪華クルーズに出かけた。船内で休みなく繰り広げられるショーと、多様な食事を楽しんだ。太平洋の波に洗われる海岸、原野をいろどる花、鳥のさえずり、壮大な火山。太平洋を吹き渡る風に吹かれながら、海から見るハワイ諸島。各島に特有な美がある。多数の動画で楽しんでもらう旅行記。

51. 青と白のエーゲ海クルーズ
紺碧のエーゲ海に浮かぶ小さな島々に、太陽の光が降り注いでいた。純白の壁と青い屋根の家々。白と青の強烈なコントラストが鮮烈だった。非現実的な美に圧倒された。ローマからアテネに至る、地中海の島々を巡る夏のクルーズ体験記だが、旅の最後に、アテネで妻のルーツを発見する、という奇跡があった。動画が多数あるので、筆者の体験を実感してもらえると思う。
誕生した瞬間の宇宙 無から湧き出る宇宙
宇宙は高次元時空から湧き出た。そこでは数学公理も物理法則も破たん。人間には無の世界。異質な公理と法則を受け入れると、驚異の宇宙像が見える。高次元時空から移動したエネルギーを使って、多くの惑星上で地球型生物が誕生。
サイバー戦争の底知れない闇 サイバー世界戦争の深い闇
中国人民解放軍や米国家安全保障局の超極秘活動。衝撃的な暴露。金銭・情報窃取やインフラ破壊が急増。ネットの未来とは?
脆弱な日本列島に乗った原発は時限爆弾 地震・原発列島
巨大地震は太平洋に集中。その半数が北辺に。地震はどこでもいつでも発生。地震多発帯の原発は時限爆弾に乗った火薬庫。

愛犬の生と死 人間として生きた犬の心
犬でも狼でもないディンゴ系雑種犬。驚きに満ちた生活。最後の日々の不思議な行動。ペットロスから探った人犬共生の深淵。
侵略者の体内へ飛び込むアンドロイド 黒のアンドロイド
人類を絶滅させた侵略者。人間が作ったマシンの深層心理に怨念。侵略者の意図は?アンドロイドの存在理由は?未来の黙示録。
ポップでカラフルな笑い 笑いの時限爆弾、上巻
ポップでカラフルな一コマ漫画。愛の不条理、現実の裏の妄想、イリュージョン、ほろ苦いしあわせ、名画の真実などを描いている。
ポップでカラフルな笑い 笑いの時限爆弾、下巻
孤島では普通のことが異常。先祖の苦労、非現実的な現実、影が語る真実、宇宙へ拡散した妄想など、クスクス笑いを誘う。

広告(Googleアドセンス)