夢と現実、要約1

宇宙

宇宙の外側
巻頭夢. 神が気まぐれで創った宇宙
日常生活に疲れた皆さん、途方もない夢想にふけると、日常生活から遊離できる。ただし、人間の想像力を超えた世界の中に、私たちの宇宙が存在していることを知ると、ちょっとショック。人間の手に負えない時空存在は、神の手にゆだねてしまうのが得策かも.....。その神は、高次元時空をゆらがせることによって、すべての事象に不確定性を与えた。おかげで何でもありの宇宙が誕生している。

41. 外側から見た私たちの宇宙(図解)
3次元空間宇宙は4次元以上の空間宇宙の構成要素だ。人間が知覚し認識できるのは3次元空間宇宙だけで、それ以上の次元の宇宙は無になる。高次元空間宇宙は、今までの経験則から確立された、数学公理や物理法則では表現できない。想像力を高めて高次元空間宇宙から3次元空間宇宙を見ると、常識とは異なる驚異的な宇宙の姿が見えてくる。

18. 無の向こうに広がる高次元世界
人間に知覚と認識が可能な宇宙は、3次元空間+1次元時間の宇宙だけだ。周囲に広がる高次元の宇宙は、人間には知覚も認識もできない。そこでは数学公理も物理法則も破綻している。「無の世界」になる。その高次元宇宙はどのような存在なのだろうか?私たちの宇宙は、極微の粒子「ひも」を介して高次元宇宙と一体化している(超ひも理論)。「有」の宇宙を内包する「無」の宇宙を、最新の量子重力理論で説明した。

74. 宇宙誕生の直前
量子力学が宇宙の外との境界領域に踏み込む。波動関数、量子もつれ、超ひも理論などが、宇宙を誕生させた高次元時空を垣間見させる。宇宙が崩壊して宇宙ブラックホール誕生。その特異点のゆがみが臨界点を超えると、高次元時空へ通じる穴が開く。重量星ブラックホールではこの穴は形成されない。高次元時空へ移動した宇宙エネルギーが、高次元ブラックホールに変貌した。その物理場が励起しトンネル効果発現した。宇宙エネルギーが4次元時空方向へ噴出し、宇宙ホワイトホール誕生。それが私たちの宇宙になった。

宇宙の存在原理
75. 宇宙誕生の瞬間
高次元ブラックホールから誕生した宇宙ホワイトホールの周囲に、事象の地平面が存在した。そこには多次元要素が含まれていた。無限大準位のエネルギーが平衡状態を保った。時間・物質・反物質・輻射の混沌とした混合状態が、1方向へ変化することはなかった。自発的対称性の破れによって、事象の地平面の物理場が励起。多次元要素から3次元の空間と1次元の時間が選択された。物理場が進化し、誕生した超高密度の重力子の斥力によって、インフレーションの引き金が引かれた。インフレーションがビッグバンへ移行し、主要な量子が誕生した。

30. 量子論が描く驚異の宇宙像
53. 宇宙の基本構造

進化

地球に誕生した生命
26. 宇宙の壮大なドラマから生まれた生命
2. 絶滅をバネに進化する生物
地球上に生物が誕生してから、38億年が経過した。生物種の70%以上が絶滅する危機が、知られているだけでも10回ほど生物を襲った。生物は地球の外へ逃げることができない。過酷な危機を乗り越えて生存するために、巧妙な仕組みを整えた。大絶滅を、大進化のきっかけにするようになった。絶滅がなければ進化はない。生命存在の深層に迫った。

生物生存のダイナミズム
10. 父の体臭を嫌う娘から進化が見える
人間は本能から解放された高等生物、と私たちは思っている。しかし、進化の記憶が体内深くに存在。日常生活が本能によって動かされている。父の体臭を嫌う娘がいる。嫌う娘も嫌われる父親も気づかないが、ここに進化のメカニズムが反映されている。個体間で見られる同質と異質への複雑な反応。生理だけではなく、心理にもはっきりと認められる。その延長線上で、人種問題が出てくる。

50. サバンナで生まれた人・犬運命共同体
犬の祖先を辿ると、ミッシングリンクに突き当たる。種々の状況証拠を踏まえて推理すると、そのリンクを埋めることができる。犬の祖先は、現世人類とアフリカで出会ったと思われる。人類に寄り添ったのはジャッカルで、バセンジーがその子孫になる。それは狼起源説が述べる時代よりも、ずっと前のことだった。人・犬運命共同体は最強で、人類のユーラシアへの拡散を助けた。

68. ウイルスと戦う免疫系の謎
誕生した瞬間の宇宙 無から湧き出る宇宙
宇宙は高次元時空から誕生。そこでは物理法則が破たん。人には無の世界。異質な法則を受け入れると驚異の宇宙像が見える。エネルギーや重力が高次元との間で往来。多次元時間が無限の多様性を生む。
サイバー戦争の底知れない闇 サイバー世界戦争の深い闇
中国やアメリカなどの極秘活動。スノーデンによる衝撃的な暴露。金銭・情報窃取やインフラへのサイバー攻撃が急増。闇の中の究極の危機に触れながら、デジタル社会の可能性を考察。
愛犬の生と死 人間として生きた犬の心
オーストラリアでもらい受けたディンゴ系雑種犬。日本へ連れ帰った。笑いと驚きに満ちた日常。最後の日々の不思議な行動。自ら経験したペットロス症候群の心の深淵を、研究者として探った。
脆弱な日本列島に乗った原発は時限爆弾 地震・原発列島
M9の巨大地震が太平洋に集中。その半数が日本に近い北辺に。地質学的にぜい弱な日本列島。巨大地震はいつでも発生。地震多発帯の原発は時限爆弾に乗った火薬庫。日本を壊滅させる可能性。
侵略者の体内へ飛び込むアンドロイド 黒のアンドロイド
人類を絶滅させた侵略者。人が作った復讐のマシン。怨念の塊。侵略者の意図は?マシンの存在理由は?壮大な未来の黙示録。
ポル・ポト審判作品集 ポル・ポト審判
「ポル・ポト審判」などの8編のショートストーリーを収録。ユーモア、ファンタジー、ホラー、SFなど多彩な内容。
ポップでカラフルな笑い 笑いの時限爆弾、上巻
ポップでカラフルな一コマ漫画が多数。愛の不条理、現実の裏の妄想、イリュージョン、ほろ苦いしあわせ、名画の真実など。
ポップでカラフルな笑い 笑いの時限爆弾、下巻
孤島では常識が非常識。先祖の苦労、非現実的な現実、影が語る真実、宇宙へ拡散した妄想。クスクス笑いを誘う。

広告(Googleアドセンス)